株式会社ストラテジット ドキュメントの追加や更新を自動API連携する「Microsoft SharePoint to Google Workspace」をSaaStainerに掲載開始

Read Time:46 Second

ドキュメントの追加や更新を自動API連携する
Microsoft SharePoint to Google Workspace」をSaaStainerに掲載開始

株式会社ストラテジット(本社:東京都千代田区、代表:立原 圭、以下「当社」)は、当社サービス「Microsoft SharePoint to Google Workspace」を当社のSaaStainerに掲載致しました。
本アプリはクラウドストレージ「Microsoft SharePoint(以下、SharePoint)」とグループウェア「Google Workspace(以下、Workspace)」を当社のMaster HubによりAPI連携を行います。
本アプリはSaaS普及促進の為、公開APIを利用し当社独自で運営しております。

■サービス提供背景
SharePointを利用中のお客様において、下記のような課題があります。

・社内又は社外関係者とSharePoint以外のクラウドストレージ(Workspace)でドキュメント共有を行っている場合、追加や更新作業の度に手作業でドキュメント格納の必要がある
・それぞれのクラウドストレージ内でフォルダ分けがされているため、都度格納先を探す作業が発生
・格納作業担当者が異なる場合、格納フォルダの認識相違から適切な情報管理が困難

このような課題に対して「Microsoft SharePoint to Google Workspace」では、下記の解決をいたします。

・SharePoint上で行ったドキュメントの追加や更新をWorkspaceに連携
・Workspaceへ手作業アップロードが不要になり、適切な情報管理が可能
 
■「Microsoft SharePoint to Google Workspace」の機能概要
 ・SharePoint上の特定ライブラリとWorkspace上にあるファイルをAPI連携によって連携し、シームレスな情報管理が実現いたします。
 ・SharePoint上でドキュメントを追加または更新するとWorkspace上にある特定のフォルダにドキュメントが追加または更新することが可能です。

■ご利用方法
下記の問い合わせフォームよりご連絡ください。
SaaStainer「Microsoft SharePoint to Google Workspace」ページ:
https://saastainer.com/apps/sharepoint_googleworkspace
問い合わせフォーム先:
https://saastainer.com/inquiry

■当社サービス概要
・Master Hub(マスターハブ)
Master Hubは連携に必要なノウハウを集約した開発プラットフォームです。
Master Hubによる開発は一般的な受託開発に比べ、高品質なシステム連携を半分以下のコストで実現し、安定的に運用することが可能です。

・SaaStainer(サーステイナー)
SaaStainerは、SaaSの継続的活用を支援するサービスのアプリストアです。
アプリストアに掲載されている連携アプリは、API連携のノウハウがなくても、今すぐ簡単に連携を実現できます。
様々な作業を自動化して、SaaS本来のチカラを引き出し、業務改善にお役立てください。
SaaStainer公式ページ:https://saastainer.com/apps
SaaStainer公式Twitter:https://twitter.com/SaaStainer

■株式会社ストラテジット
SaaSの普及/推進の課題となる穴を埋める存在として、SaaS連携サービスMaster Hub(https://www.strategit.jp/vendor-saas/)とSaaS連携アプリストアSaaStainer(https://saastainer.com/)を提供しています。SaaSのAPI連携により業務課題解決とユーザーへの価値提供のご支援が可能です。ストラテジットには、ソリューションを理解し、ユーザーの業務改善・サービス向上を目指し、企画・設計・開発・運用まで担うことが出来るノウハウと実績がございます。

■会社概要
所在地 :東京都千代田区岩本町3-5-2 合人社東京秋葉原ビル 102号室
代表  :代表取締役 立原 圭
設立  :2019年7月2日
事業内容:SaaS連携開発、SaaS導入コンサルティング
URL  :https://strategit.jp/

Previous post 株式会社リクルート コロナ禍での「外食における飲酒機会の増減」に関する実態調査(2021年6月実施)
Next post ラクーダネットワークスジャパン株式会社 スピアフィッシング攻撃の進化と最も狙われている従業員のタイプが判明