ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 No.1アイリッシュウイスキー※「ジェムソン」の日本限定ボトル第3弾が登場!『ジェムソン ジャパン リミテッド 2021』9月6日(月)から数量限定発売

Read Time:1 Minute, 37 Second

アイルランドのデザイナーが日本の「居酒屋」をモチーフに仲間との繋がりを表現

 

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ノジェム・フアド)が展開するアイリッシュウイスキー「ジェムソン」は、日本限定ボトル『ジェムソン ジャパン リミテッド 2021』 (原産国:アイルランド)を9月6日(月)から数量限定で発売します。

『ジェムソン ジャパン リミテッド 2021』は、2018年と2020年に発売しご好評をいただいた日本限定ボトルシリーズの第3弾です。アイルランドで造られ、No.1アイリッシュウイスキー※として世界中で愛されている「ジェムソン」が、一つの国のためだけにラベルデザインを開発するのは日本市場向けのみです。第3弾には、アイルランド出身のデザイナー、デビッド・マクミランを起用。ハロウィンやセント・パトリックス・デー発祥の地であるアイルランドから、日本の文化にオマージュを込めた「味わい深い」限定デザインが誕生しました。

デザインのテーマは「繋がり」です。様々な人たちが同じ時間を共有し、おもいおもいの飲み物やおつまみを愉しみ、仲間と繋がる日本の「居酒屋」をモチーフに、アイルランドと日本の、国境を超えた仲間との交流を表現しています。ブランドロゴを配した暖簾には「ジェムソン」が皆様を歓迎する想いが込められ、日本の居酒屋で「ジェムソン ・ソーダ」を楽しみながら、分け隔てなく広がる繋がりが「ジェムソン」らしさを物語っています。ネックラベルには日本らしさを感じさせる提灯が描かれ、 「ジェムソン」の創業年である「1780年創業」と、 スムースな味わいを生み出す「3回蒸留」の文字が読み取れるデザインになっています。

ぜひこの機会に、日本だけの特別なボトル『ジェムソン ジャパン リミテッド 2021』 で豊かな香味とスムースな味わいをお愉しみください。

[商品概要]
発売日:2021年9月6日(月)から数量限定発売
小売価格:オープン価格
参考小売価格:¥2,278(税込)
容量:700ml
アルコール度数:40度
原産国:アイルランド
https://www.jamesonwhiskey.com/jp/ 

※出典:2020年の一年間。アイリッシュウイスキーカテゴリー 世界販売数量ベース(IWSR Report 2021)

  • 「ジェムソン」の日本限定ボトル第3弾『ジェムソン ジャパン リミテッド 2021』

[デザインの特長]
「居酒屋」をモチーフに「国境をも超えた仲間との繋がり」を表現したラベルデザイン

《ネックラベル》
❶ 提灯を配し日本へのオマージュを表現。
❷ ジェムソン創業の年「1780年」を日本を感じさせる提灯に描写。
❸ ボトルを後ろから見ると、ジェムソンのスムースな味わいを生み出す「三回蒸留」の文字が読み取れるデザイン。

《フロントラベル》
❹ ブランドロゴを暖簾に描き日本の居酒屋を表現すると共に、ジェムソンが皆様を歓迎する様子を表現。
❺ 日本の居酒屋で「ジェムソン ・ソーダ」を通じて起こる国境を超えた仲間との繋がりを表現。分け隔てなく広がる繋がりがジェムソンらしさを物語ります。
❻ 「招き猫」や「ジェムソンボトル」など、細かなデザインが施されており、隠れたストーリーをお楽しみください。
❼ 格子にインスパイアされた背景デザインを採用。

[デザイナー]

David Mcmillan デビッド・マクミラン

イギリスのブリストルを拠点とする北アイルランド出身のデザイナー。
優れた観察眼から生み出されるユーモアと大胆なデザインを組み合わせ、ストーリーをカラフルにわかりやすく描くのが特長。

[おすすめの飲み方]

世界中で最も愛されているアイリッシュウイスキー​「ジェムソン」のどこまでもスムースな味わいを​「ジェムソン・ソーダ」で楽しもう!

「ジェムソン」はピートを使わず、大麦、モルト、グレーンを原料とし、​​3回蒸留によって造られる豊かな香味と​スムースな味わいが特長です。
そのスムースな味わいを存分に味わうには、ガーニッシュを加えないシンプルなソーダ割りがおすすめです。

  • 「ジェムソン」について

18世紀のアイルランドはウイスキー発祥の地として知られ、ダブリンのウイスキーは当時世界最高と称されていました。「ジェムソン」は、スコットランドからアイルランドへ渡ったジョン・ジェムソンによって1780年に生み出されました。
ピートを使わず、大麦、モルト、グレーンの3つを原料とし、3回蒸留によって造られる「ジェムソン」の豊かな香味とスムースな味わいは、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されています。
日本では、フラッグシップの「ジェムソン スタンダード」と「ジェムソン スタウト エディション」、「ジェムソン ブラック・バレル」、 「ジェムソン ボウ・ストリート 18年」を展開しています。

[WEB]   https://www.jamesonwhiskey.com/jp/ 
[facebook]   http://www.facebook.com/Jameson.Japan
[Twitter]  http://twitter.com/JamesonJapan 
[Instagram]  @jameson.japan  
[Hashtag]  #ジェムソン #ジェムソングリーン

  • ペルノ・リカール について

ペルノ・リカールは世界第2位のワイン&スピリッツメーカー(注1) であり、スピリッツとワインの世界市場におけるリーディングカンパニーです。1975年にリカール社とペルノ社の合併により設立された後、ペルノ・リカール・グループは実質的成長に加え、シーグラム(2001年)、アライド・ドメック(2005年)、ヴィン&スプリト(2008年)などの買収を経て、現在に至ります。
ペルノ・リカールは、アブソルートウオッカ、リカール(パスティス)、バランタイン、シーバスリーガル、ローヤルサルート、ザ・グレンリベット(スコッチウイスキー)、ジェムソン(アイリッシュウイスキー)、マーテル(コニャック)、ハバナクラブ(ラム)、ビーフィーター、季の美 京都 ドライジン(ジン)、マリブ(リキュール)、マム、ペリエ ジュエ(シャンパン)、ジェイコブス・クリーク、ブランコット・エステート、カンポ・ヴィエホ、ケンウッド・ヴィンヤーズ(ワイン)など、世界のトップ100スピリッツブランドのうち16 (注2)  を含む業界内でも特に有名なブランドを数多く保有しております。

注1、及び注2. IWSR 2019年販売実績

詳しくは下記URLをご参照ください。
「ペルノ・リカール・ジャパン」WEBサイト: http://www.pernod-ricard-japan.com/

Previous post サントリービール(株) 「金麦〈濃いめのひととき〉」季節限定新発売
Next post 株式会社ユーキャン 『マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座 365&2019コース』で上級レベルがデビュー!