Sansan株式会社 Sansan、売り上げを最大化する「オンライン名刺」の交換体験を大幅アップデート

Read Time:1 Minute, 25 Second

オンライン名刺返送機能の改善とMicrosoft Teamsとの連携強化で、よりスムーズな名刺交換体験を実現

 

Sansan株式会社は、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、オンライン名刺交換体験の大幅アップデートを行ったことを発表します。

今回のアップデートにより、オンライン名刺を受け取った相手が、フォーム入力により名刺情報を返送することが可能になります。返送方法の選択肢が増えたことで、これまで以上にオンライン名刺交換が成立することが期待されます。あわせて、オンライン名刺交換時のUIデザインを対話型とすることで、より自然でストレスの少ない名刺交換体験をユーザーに提供します。
また、Microsoft Teams(以下、Teams)との機能連携をさらに強化することで、「Teams会議」中もスムーズにオンライン名刺の送信・受け取りが可能になります。 

機能改善の背景
新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、企業はリモートワーク導入をはじめとした働き方改革や、商談のオンライン化を推進しています。そんな中、Sansanでは2020年6月から「オンライン名刺」機能の提供を開始しました。オンライン名刺は、オフラインでの名刺交換同様に、オンライン商談やミーティングの場においても、氏名や肩書など正確な名刺情報の取得を可能にします。オンラインのコンタクト情報についても人脈データとして蓄積が可能になるため、営業力や売り上げの最大化に貢献する機能として、現在6000社を超える企業で利用されています。
当社の調査(※1)によると、コロナ禍で営業職の約4割が紙の名刺交換機会が減少し、50.0%の人が営業機会の損失といった課題を抱える中、オンライン名刺サービス活用者の約9割が名刺交換機会を維持または増加し、多くの人がコロナ禍前と変わらず名刺情報を蓄積・管理できていることが明らかになっています。

このように利用企業が拡大する一方、オンライン名刺を受け取った相手がSansanもしくはEightユーザーでない場合、名刺情報の返送には、紙の名刺をスマートフォンで撮影し送信するしか方法がなく、受け取り手側の返送に手間がかかってしまうことが課題でした。

そこで今回、オンライン名刺の返送方法にフォーム入力を追加する機能強化とUIデザインのアップデートにより、受け取り手のオンライン名刺返送の煩わしさを解消します。これにより、これまで以上にオンライン名刺交換が成立することが期待されるとともに、ビジネスシーンでの浸透を後押しします。

オンライン名刺返送機能の強化について
Sansanのオンライン名刺を受け取り手が送り返す際に、フォーム入力を選択することが可能になります。送り返されたオンライン名刺は、送信者のSansan上に登録されます。

あわせてオンライン名刺交換時の受け取り手への案内が、対話型のUIデザインにアップデートされます。受け取り手がフォーム入力による返送方法を選択すると、入力方法についてのメッセージが自動で送信されます。オンライン名刺の受け取り手は、送信者と会話を行うような自然なコミュニケーションの中で名刺情報の返送が可能になります(※2)。

フォーム入力による名刺情報の送り返しの画面イメージ(入力時)

フォーム入力による名刺情報の送り返しの画面イメージ(送信後)

Teamsとの連携強化について
Sansanのオンライン名刺機能は、オンラインにおけるさまざまなビジネスシーンで活用いただけるように、Teamsとの機能連携(※3)、Google Workspace™の Google カレンダー™との機能連携を開始するなど(※4)、外部サービスとの連携を拡大しています。

今回Teamsとの機能連携をさらに強化し、「Teams会議」の中でスムーズにオンライン名刺の送信・受け取りが可能になりました(※5)。これにより、商談前、商談中、商談後の次のようなシーンで、ユーザーの新しい働き方を支えます。

・商談前:Teamsの予定表から、Sansanのオンライン名刺を送信
Teamsの予定表で設定しているオンライン会議の社外参加者と、過去に名刺交換をしているかSansanと連携することで把握できます。初対面の場合、会議前にTeams上でオンライン名刺を送ることでスムーズに商談に入ることができます。

・商談中:オンライン会議中にスムーズに名刺交換
「Teams会議」の中でスムーズにオンライン名刺の送信・受け取りが可能になります。オンライン名刺はチャット欄で確認ができ、受け取リ手は、実際の名刺を受け取った時と同じように、名刺情報を確認しながら会話ができます。

Microsoft Teams会議中のオンライン名刺の受け取り画面イメージ

・商談後:「同僚ナレッジサーチ」アプリも連携することで、知見を持つ同僚の検索が可能
Teamsの予定表にある商談予定の企業情報や、過去の名刺交換の傾向から、自動で関連キーワードを取得し、ナレッジを持つ社内の同僚を探すことができます。

オンライン名刺機能の詳細については以下をご参照ください。
https://jp.sansan.com/online-meishi

Sansanは、今後も「出会いからイノベーションを生み出す」という当社のミッション実現へ向けて、進化を続けてまいります。

※1:Sansan株式会社「コロナ禍での名刺交換に関する調査」(2021年9月)
https://jp.corp-sansan.com/news/2021/0901_02.html

※2:メッセージは自動返信となるため、オンライン名刺交換画面で送信者とチャットでのやりとりはできません。

※3:Sansan株式会社「Sansanのオンライン名刺が、Microsoft Teamsと連携」(2020年10月28日発表)
https://jp.corp-sansan.com/news/2020/teams_virtual_cards.html

※4:Sansan株式会社「Sansanのオンライン名刺機能が、Google Workspace と連携」(2021年4月15日発表)
https://jp.corp-sansan.com/news/2021/online-meishi_google-workspace.html

※5:ご利用のためには、SansanとExchange Onlineを含むMicrosoft 365のプランを契約している必要があります。また、事前に管理者・ユーザーそれぞれによる設定が必要です。

* Microsoft 365、Microsoft Teams、Teamsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* Google Workspace、およびGoogle カレンダーはGoogle LLCの商標です。
*QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

(以上)

Sansanについて
名刺管理から、営業を強くする「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈の管理・共有を可能にするほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能も備えた、営業を強くする「ビジネスプラットフォーム」です。また、オンラインでの名刺交換を可能にする「オンライン名刺」機能により、多様化するビジネスの出会いによって生じる課題を解決します。

Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、ビジネスにおける出会いを後押ししています。主なサービスとして、クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:63億12百万円(2021年5月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービス(クラウド名刺管理サービス等)の企画・開発・販売
Sansan https://jp.sansan.com/products/sansan/
Eight https://8card.net
Bill One https://bill-one.com

Previous post 株式会社バルテック 「MOT勤怠管理システム」、株式会社データスコープの「顔認証・温度検知」機能を備えたパッケージを販売開始
Next post 株式会社 ジャングル パソコン導入実績第1位 俳句で伝える年賀状。「たのしく・かんたん・きれい」をコンセプトにした『筆ぐるめ 29』~2021年 9月 9日(木)発売~