ADの限界
Read Time:36 Second

ADの限界

みんな大好きActiveDirectory(笑)

今日は ActiveDirectory (以下AD)の限界を体験したお話をしようかと思います。

限界と言ってもADという仕組みがうんぬんとか高尚な話ではありません。
ADが持っている上限値のお話です。

ADに作成することができるオブジェクト数(ユーザーアカウントやらコンピュータアカウントなど)の上限ってどのくらいですかね?
通常であれば約20億オブジェクトぐらいは作成できます。(2012R2らへんまでは)

ただしそれはFSMOさんがちゃんと仕事をしてくれている場合。

その環境にはADが2台ありました。
当然どちらかがFSMOだと思いますよね。

ある日いつものようにせっせとADにユーザーアカウントを登録していると、オフィスがザワザワしています。

「ファイルサーバーにつながらない」
「基幹システムにログインできない」

・・・などなど聞きたくない言葉が飛び交っています。

聞こえないふりをして作業をしていると、上司が近づいてきてこう言います。

「ファイルサーバーや基幹システムに繋げない人が続出している!至急原因を調査するように!」

(どうせまたどっかの島HUBの電源が抜けたんじゃないの?)

と、サンプルデータを学習したAIのように答えを予測し、HUBを確認しますが、特に問題ありません。
第一、みんなWEBは見れている。

うーんなんだろう・・・と考えていると、

「Windowsにログインできない」

と、大ヒントをくれる人が。(本人困ってるけど)

(そうか、ADか。あいつが認証してれてないんだな。わがままなやつめ。)

とりあえずめんどくさかった 一刻も早く業務を再開させたかった ので、とりまDC(ドメインコントローラー)再起動(←ダメな見本)

「ファイルサーバーつながった!」

とユーザーの歓喜の声を聞いて、(ふう、やれやれだぜ)とひと仕事終えたあとの缶コーヒーを飲みながら、
再びユーザーアカウント作成に勤しんでいると、

「またつながらなくなった!」

とまたオフィスがざわめき出しました。

確認すると確かにさっきと同じ症状。

うーーーーん・・・

さっきはDCの再起動で直った・・・

試しにもう一度DC再起動(←ダメなやつ)

「つながった!!」と再びユーザーの声が響き渡ります。

ここまではさっきと同じ流れ。
念の為何もせずしばらく様子を見ます。

・・・何も起きない。

なんだろう、ウイルスかな?(安直)

再びユーザーアカウント作成作業に戻ろうとしたその瞬間、

ピキーン☆ひらめいた(まさか・・)

ユーザーアカウント作成すると発生?!

結局その日はユーザーアカウント作成をやめてみたところ、その後も何も起きなかった。

さて翌日

わかりやすいように14:00きっかりにユーザーアカウントを作成してみました。

すると、5分も経たないうちに、「また繋がらなくなった!」とアラートが上がりました。(人が)

因果関係確定。そして調査開始。

わかったこと

・ADのオブジェクト数には(ほぼ)限界はない
・ただFSMOがいないと1000でストップ
・いまのオブジェクト数がだいたい1000ぐらい

(おいおい、でもFSMOがいないなんて普通ありえんだろ?)と思い念の為2台のADを確認。

すると、、、FSMOさんいませんでした(FSMO機能なしのドメインだった)

なして!?

今度はADと社内の記録を調査。

わかったこと

・ドメインコントローラー全部で3台いました(過去形)
・1台はクラウドサービス上にIaasで構築されていました(過去形)
・その後、担当者が退社し、クラウドサービスは解約されていました(いまここ)

そう、クラウド上に構築されたFSMOさんは、遠い遠い雲の向こうに消えていったのです。

結局、他の理由もあり、新ドメインを構築することになりました。
まあ、環境が一新できてよかったです(強がり)

みなさんもADの限界には気をつけましょう(笑)

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

事業部長ライダー
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部の事業部長。
生涯現役ライダーとして世界を飛び回る。
最新記事一覧のタイトル

サイト内検索

カテゴリー