今年でサポート終了!のMicrosoft製品
Read Time:26 Second

今年でサポート終了!のMicrosoft製品

早いもので今年に入って1ヶ月が過ぎようとしています。

この間正月明けしたばかりなのにもう2月?!って感じです(笑)

こんな漢字で時間はあっという間に過ぎていきます。
そして同様に製品のサポート終了もあっという間にやってきます。

え?!この前入れたばっかじゃん!!
なんでサポート期間が切れるのにこの製品導入したの!?

とならないためにも、
自社で使用しているソフトウェア/ハードウェアのサポート期限は
前もって把握しておきましょう。
最低限5年ぐらい先までの自社利用製品ライフサイクルのスケジュールを引いておくと
リプレース計画が立てやすくていいですね。

さて、表題の件(メールみたい)
今年サポート終了を迎える製品がMSのサイトで発表されています。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/end-of-support/end-of-support-2022

結構な製品数がありますが、大きいところでいうと、

1/11
・Windws7
・Windows Server 2008 及びR2

5/10
・Windows10(20H2)

7/12
・SQL Server 2008 及びR2
・SQL Servre 2012

8/31
・Azure AD Connect 1.x

10/11
・SQL Server 2016 SP2

12/13
・Windows10(20H1)

こんなところでしょうか。
Windows7やServre2008系をまだ使用している場合はインパクトが
大きそうですね。
その他はバージョンアップでしのげそうでしょうか。
地味にAzure AD Connectが嫌ですね。
入れ替え時にオンプレADとAzureADのフックが壊れようものなら
簡易SSO崩壊ですわ(経験あり、Azure AD Connectにはあまりいい思い出がありませんw)

今の時代、クラウド側がどんどんアップデートしていくので、
エンドポイント側はそれに追いつくように常にアップデートしていくしかありません。

製品ライフサイクルは事前に公開されています。
それを織り込んだゆとりを持ったリプレース計画を立てるようにしましょう(→自分)

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

事業部長ライダー
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部の事業部長。
生涯現役ライダーとして世界を飛び回る。

サイト内検索

カテゴリー