ノーコード・ローコード開発はどんな人向けなのか?
Read Time:16 Second

ノーコード・ローコード開発はどんな人向けなのか?

加藤です。

 

 

本日はノーコード・ローコード開発はどんな人向けなのか?というお話を少し。

 

ノーコード・ローコード開発という言葉がよく聞かれるようになりましたが、
簡単に言えば文字入力でコードを書かなくてもプログラムが完成するという仕組みをいいます。

※ローコードの場合は一部コードを書くことがあるぐらいの認識でよいです

プログラミング=コードを書くというのが一般的なイメージな中、
コードを書かなくていい(もしくは最小限度)と言われると、
誰でもプログラムが開発できるのか!!!と考える方も多いのではないでしょうか?

実はここに大きな落とし穴があります。

ノーコードやローコードの開発ツールは私もいくつか触っておりますが、
まずプログラミングとはどういうものか?というのを知っていないと、
最初の画面から何をしていいのかさっぱりわからない、という現実が待っています。

さらにはデータベースの知識であったり、はてはハードウェアの知識であったり、
コードを書くか書かないかという作業以外は、
いままでとなにも変わらないというのが、本日時点のノーコード・ローコード開発環境なのです。

では、これらはどのような方に向いているのか?というのを最後にお話いたします。

ここまでのお話でだいたいお分かりでしょうが、
「それなりの知識はあるが、コードをあまり書いたことがない、経験がない」方向けです。

例えばインフラエンジニアやシステムプランナーなどの職種の方は、
基礎知識はあれど実際にコードを書く場面というのはほぼないはずです。
そんな方々でも気軽にちょっとしたアプリケーションがGUI操作だけで完成する。
該当する方にとっては、自分一人でできることが増えるという夢のような話です。

しかし、そういう前提がない方にとってはまず知識を得るところからスタートとなります。

何事においても、どういう構造・構成でどういうルールがあり、どういう結果が生み出せるのか?
を把握するということは大前提でありとても大切なのです。

 

ということで、本日はノーコード・ローコード開発はどんな人のためのものなのか?
というお話をさせていただきました。

これらの話を踏まえた上で、一度トライしてみる!というのもいいかもしれませんね。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

加藤美紀
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部所属のシニアアーキテクト。

名前は紛らわしいが「よしのり」です。

サイト内検索

カテゴリー