プレスリリースを作成するその前に

Read Time:30 Second

広報担当の主な業務はプレスリリースの作成や、発表会の企画・準備です。

まずは、どんな内容を発表するか、大きく取り上げてもらうために必要な要素は何か、
ウィークポイントをどうフォローするか、などを整理していきます。

最終的には文章にまとめますが、文章を作成する前にニュースとなるポイントを整理し、
関係者で認識をすり合わせておくことがとても大切です。

ここをクリアできれば、8割がたプレスリリースは完成なのです!

 

記者の立場とは?

 

ニュースのポイントを整理するコツをご紹介する前に、簡単に記者さんの立場についてお話しておきます。

記者が書いた記事は、全てが掲載されるわけではありません。

記者にも上司がいて、ニュースとして良いものは掲載され、魅力がない記事は不採用になります。

記事を執筆した記者としては、なるべくインパクトのある形で掲載されることを望みます。
(新聞は記事の大きさや掲載場所、Webだと掲載場所、掲載時間などで判断されます)

ですから、できるだけインパクトのあるネタを求めています。

広報担当者には、そうした記者の求めるものを意識しながら、社内から多くのネタを引き出すスキルが必要です。

 

ニュースを作り上げる為のヒント

 

ニュースをつくりあげる為のヒントは、必ずサービス開発者の話の中にあります。

当たり前に思われることも,細かく丁寧に聞いていくと必ずヒントが見つかります。

サービスを作ろうと思ったきっかけ、どんな苦労があったか、将来的にめざす姿はどんなものか・・・

粘り強く、色々な角度から話を聞いてみてください。

 

プレスリリースに必要な情報の一例

 

  ・いつから、誰向けに、いくらで提供されるサービスか

  ・利用者にどんなメリットがあるのか

  ・競合サービスより優れている点はどこか

  ・なぜ、今このサービスを提供するのか

  ・どの程度事業規模を目指すサービスなのか

 

また、サービス開発者が「イチオシ」と思っているものが、客観的にみると「いまいち」なことも多々あります。

機能や技術は優れていても、利用者のメリットがわかりづらい、ということは多いものです。

そんな時こそ広報担当者の出番です。

利用者のメリットをイメージしやすい利用シーンや、時代の流れに合わせたアピールをできないかを
サービス開発者と共に考えていきます。

ここで大切なのはサービス開発者へのリスペクトです。

サービスには開発者の時間と労力だけでなく、”想い”が詰まっています。

サービスの魅力がわかりづらかったり、すでに類似の先行サービスが提供されていることもありますが、
無神経な言葉で、サービス開発メンバーを不愉快な気持ちにさせるようなことはあってはなりません。

そういった問題をクリアし、ニュースに仕立てていくことこそが広報担当者の役目ですし、
その先も良い広報活動をしていくためには、サービスを作ってくれる人たちとの信頼関係は何よりも大切なものです。

当然のことですが、広報担当者だけでできることは限られています。
とくに、ウィークポイントをフォローするためのネタだしをするときなどは、配慮と工夫が必要になります。

 

まとめ

 

サービス開発者との信頼関係を築きながら、こうした作業を進めていくためには、自社のサービスを客観的に評価できるよう、競合のサービスや市場動向を良く知っておく必要があります。

また、紙面やWebニュースをしっかり読んでおかなければ、記者のニーズに合わせたニュースづくりはできなので、毎日かなりの量のニュースを読まなければ務まりません。

たとえば、今だと、コロナの感染予防につながる商品や、おうち時間を愉しむためのサービスなどは取り上げられやすいですね。

そうしたトピックを誰よりも早くみつけることが、掲載拡大につながっていきます。

広報担当者として、社内外の信頼を得るためには、インプットしておくべき情報が山積みなのです。

次回は、わかりやすいプレスリリースを書くためのコツをご紹介したいと思います。

投稿者プロフィール

立山和花
立山和花