日常がコンテンツになるまで
Read Time:11 Second

日常がコンテンツになるまで

現在私達の周りでは、
日々コンテンツが生まれ消費されています。

コンテンツには様々なものがありますが、
昔はコンテンツとして扱われなかったモノが、
今の世ではコンテンツとして成り立っているという
ジャンルがあります。

はい、反応したあなた、昭和ですね |ω・`)チラリ

私も反応した一人ですが笑

ただ、この風景は以前は日常的に存在していて、
その当時はコンテツにはなり得ないものでした。

それが今はコンテンツとして成立している。

時間が経過するとコンテンツとして醸成されていくのでしょうか?
だとすると、
いま何も感じていない日常の風景も、
時間が経過と共にコンテンツ化するということですかね。

これはガジェットや、いわゆる旧車と呼ばれる
ジャンルにも共通して言えるかもしれませんね。

ただ、不思議とITだけはそういう傾向があまり見られません。

「レガシー」という言葉が、
半分、侮蔑のように使われるシーンも
ITにおいては散見されます。

もしITで過去の言語やシステムが
コンテンツとしてもてはやされる時が来たら、
それはそれでまた、
化学反応を起こして面白い何かが
生まれるかもしれません。

最後に、先程の自販機は、
こちらの会社が取り扱っていますので、
ご興味のある方は、設置してみるのもいいかも(笑)

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

事業部長ライダー
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部の事業部長。
生涯現役ライダーとして世界を飛び回る。

サイト内検索

カテゴリー